大学受験に向けて『塾・予備校』ってどう選べばいいの??

どうも!KAZUTOです!

大学受験に向けてこれから塾に通おうと思ってるんですけど

なんか、どんな基準でどこを選んだらいいか良くわかんないです。

塾・予備校に行くこと自体に反対まではしないけど
塾・予備校には『闇』がいっぱいだから気をつけてくれ。。

ということで今回は

大学受験で気をつけるべき
塾・予備校の選び方

の解説をやっていきます!

 

実績よりも見るべきポイント

塾・予備校を選ぶ際、多くの人は

△△大学に〇〇人合格!

のような『実績』で判断しがちです。

しかしこれで判断してしまうと
(後で詳しく説明しますが)
受験に失敗する可能性が高くなってしまいます。

 

そうならないために
最も意識して欲しいのが、その塾・予備校における

下から上への伸びしろ

です。

つまり、その塾・予備校が
生徒の成績(偏差値等)を平均で

どこからどこまであげたのか

を見るようにしましょう。

もっと言うと、今までで

最も成績の上げ幅が
大きかった人はどれほどだったか

を気にするようにしてください。

このようなことは広告や看板には載ってないので
実際に出向いて
『絶対に』質問するようしましょう。

これを質問することなく入塾を決めないように。

 

この質問に対して、入塾時は偏差値低くめでも
入塾後にある程度上がった人の例が
ポンポン出てくるようであれば
そこは比較的信用できる塾です。

しかしその例が少ない、
またはテンポよく教えてもらえないのであれば
気をつけましょう。

そのような塾には注意が必要です。

このような感じで、『実績』ではなく

成績の上げ幅

を気にして塾・予備校は選ぶようにしてください。

 

塾の闇

ではここからは
『塾の闇』について紹介していきます。

これは実際に
塾・予備校での仕事に携わった事がある人
から聞いたものなので
十分に心して読んでください。

塾・予備校というのは結局は「ビジネス」です。

それ故に自分たちが利益を上げることを第一に考えなければなりません。

 

これ自体は悪いことでもなんでもないですが、
それ故に気をつけなければならない事があります。

結論から言うと、先ほど言ったように
塾・予備校には『実績』なるものが
存在すると思いますが、

これは

元からできる人が出した結果

に過ぎません。

つまり、元から難関大学にA判定を貰うような人
入塾してもらい、
それを自分たちの実績としているわけです。

そして

成績をもっと伸ばす必要がある人
(一般の人)

はこれを見て

僕(私)
も合格できるかも!

という考えで入塾してしまうわけです。

 

しかし、そのような一般の人は塾側からしたら
ただお金を落としてくれればそれで満足

もちろん一般の人から
全く実績は出ない
というわけではないでしょう。

しかし極々少数であり、塾側は
その人たちにはお金を落としてもらう事以外は
基本的には期待していません。

 

その結果、さらにお金を払って
テキストを買わされ

とりあえずそれを
やっておけば大丈夫だから!

(言葉は悪いですが)ほったらかしにされます。

 

では『もともとできる奴』
はどこからやってくるのか。

それは実は
外部模試です。

外部模試を受ける際に
住所を書く欄があると思いますが、
成績が良かった場合その住所にコッソリ

お宅のお子さん優秀なんで
特別価格で受け入れますよ~

みたいなお手紙を送ります。
これはもはや無料の場合もあるそうです。

無料なら行かない理由はないので、このように吸収されてしまいます。

 

そして、ここまでの流れを
わかりやすく図に示してみると
こんな感じになります。

これが『塾・予備校の闇』です。

気をつけてください。

 

塾に入ってもダメな奴はダメ

塾・予備校に関して

入塾する事に対する安心感

みたいなものがあります。

 

安心感ではなくても

とりあえずどこか塾に
入っとけば上手くいくだろう

みたいな感覚です。

 

周りの人たちが塾に入り始めると
特にこのような思考に陥りがちですが
これは危険思想です。

先ほども言った通り塾に入っても
面倒を見てくれることはなかなかないです。

 

塾に入っても結局は

  • 自分からのアクション
  • 自主的な努力

これらなしには
成績アップや合格はありません。

なので

『入塾する』=『大船に乗る』

みたいな考えはやめましょう。

結局は自分次第です。

ダメな奴は
どこの塾・予備校に入っても同じです。

 

塾のメリット

ここまで塾のデメリットばかりだったので
メリットも紹介しておきます。

僕自身は塾には通った事がないですが、
友人に某○台に通った経験のある人がいたので
その人の話をもとに。。。

その人が言うには、1番良かったのは

周りに同じように
勉強を頑張っている人がいた

という点だそうです。

補足
その人自身
授業自体は微妙だと言ってました。。 

 

受験は最終的には個人戦ですが、
それまでたった1人で頑張るのは大変です。

浪人の場合は特にそうでしょう。
(その人は浪人時に通っていました)

なので、周りに

勉強を頑張ってる人

が全然いない、という場合は
もっとモチベが高くなるような環境を求め
塾・予備校に入るというのはありでしょう。

 

注意

その人曰く、入塾する際は
受講する講座の数は全然少なくて良い
とも言っていました。

痛い目を見るそうなので気をつけて。。

 

以上の内容を十分に踏まえて
『塾・予備校選び』はしっかり行うようにしてください!

 

 

塾・予備校にはそんながあったんですね。。

成績の上げ幅をしっかり吟味して
塾・予備校を選ぼうと思います!

塾・予備校に通うとなった場合にかかるお金はばかにならないから
十分に気をつけて選ぶように!

また

どこにも通わない

という選択肢も全然ありであることを忘れないようにな!

今回はこれで以上だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です