勉強スピードを2倍に上げてミスも減らす!?「キャンディ効果」とは?

どうも!KAZUTOです!

勉強のスピードを上げて
効率化したんですけど

そんな方法ないですかね?、、、

実は、勉強開始前や休憩明けに
飴を舐めるだけで
それらは全て実現可能です!!

今回はそんな効果をもたらす

キャンディ効果

について解説します!

 

↓↓塾にも勝った独学勉強法↓↓

 

キャンディ効果」とは

ここでは
ショーン・エイカーが紹介する
3人の心理学者による実験を紹介します。

この実験では、
架空の患者の症状や病歴を読み上げ
経験豊かな医者たちに診断してもらいます。

そしてその際次のようなチーム分けを行いました。

  • Aチーム
    事前に何もしないチーム
  • Bチーム
    事前に医療関係の記事を読んでもらったチーム
  • Cチーム
    事前にキャンディを上げたチーム

このようにした結果、なんと

Cチーム
つまり「事前に飴をなめていたチーム」

はそれ以外のAチーム、Bチームに比べ

「2倍の速さ」「正確に」診断していました。

 

これはつまり
事前に飴を舐めておき、ちょっとした「いい気分」を作ってから仕事に移ってもらう方が

作業が捗り、またミスも減る、ということが言えます。

 

「勉強開始前」または「休憩明け」にはなめろ!

大の大人がたったキャンディ1つで作業効率に好影響をもたらすわけなので、
これはもちろん勉強にもつかます。

この「キャンディ効果」を勉強の場合で考えてみると、

日々の勉強スピードを上げて、かつよりミスをしないためには

「勉強開始前」
または
「休憩明け」

に飴を舐めて「いい気分」を作り、それから勉強に取り掛かるようにするといいです。

「いい気分」といっても
ただ「飴を舐める」という程度で作れるもののことで、簡単なもので良いので

勉強を効率化したい!

という人には、簡単にできる分非常におすすめです。

 

飴じゃなくても「いい気分」を作るといい

ここまで「キャンディ効果」を紹介して

勉強を始める前には飴を舐めるといい

と言いいましたが、ここで大事なのは「飴」よりも「いい気分」を作ることです。

なので別に「飴を舐めること」に限らなくても

好きなちょっとしたお菓子を食べる

好きな音楽を聴く

などといったことを勉強開始前、または休憩明けにはするといいでしょう。

合わせて読みたい
「勉強中の音楽」
についてはこちらで解説しているので要チェックです!

今更聞けない!音楽を聴きながらの勉強は良いの?悪いの?

2019年7月3日

こんな感じで、
自分が「いい気分」になれる最適なものを見つけてそれを選ぶようにし、
それを使って日々の勉強を効率化していきましょう!

 

飴一つでこんなにも影響を及ぼすとは、、、

飴のこと舐めてましたわ。。

飴だけに。。(ボソッ)

・・・・・

まぁ何はともあれ「飴を舐める」
のような簡単なことで作れる
「いい気分」によって
勉強を進める

速さも上がるし
ミスも減るので

ぜひ活用してくよな!

今回はこれで以上だ!

 

↓↓塾にも勝った独学勉強法↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です