現代文に必要な『要約力』をTwitterで身につける『要約の練習方法』を紹介!

どうも!KAZUTOです!

 

現代文に要約する力って
必須ですよね??

でもその練習の仕方
良くわかんないです。。

現代文の要約練習をするにあたって
お金もかからないとっておきの練習方法があるから安心してくれ!

ということで今回は
現代文の要約力を上げるための
要約の練習方法を紹介します!

 

↓↓塾にも勝った独学勉強法↓↓

要約の練習方法

今回紹介するおすすめの「要約の練習方法」とは
ズバリ

ツイッターを利用した要約練習

です。 

つまり
教科書にしろ、問題集に取り組んだ場合にしろ
何か文章を読んだ場合には

Twitterに収まるように
要約文を投稿する

という方法です。

Twitterを良く利用するという人は
ご存知だとは思いますが
Twitterでの「文字数制限」
1ツイートにつき140字までです。

実はこの140字という文字数は
現代文の文章全体の要約をするのには
ちょうどいいです。

それ故に

Twitterで要約文を作る
||
要約の良い訓練になる

という関係になります。

文字数としては、最大で140字なので
大体100字~120字以内でまとめるつもり
で作るといいでしょう。

元からアカウントを持っている人で
そのようなことを投稿し始めるのに
抵抗を感じる人もいるかもしれません。

 

そんな時は、
Twitterでは簡単にアカウントを追加で作れるので
要約文の投稿用に勉強垢などを新たに作って
投稿するようにするといいです。

 

下手くそでいいからやろう

要約文を作るのは初めのうちは大変です。

とても面倒くさいかもしれません。

そのあまり、

もっと楽な
別の方法ないの!?

みたいなことを思うかもしれません。

 

しかし、
筋肉が筋トレを繰り返さないとつかないように
要約力も
要約を繰り返さないと身につきません。

面倒に感じる気持ちはよくわかりますが、
近道を探そうとするだけ時間の無駄でしかないので
とりあえずやりましょう。

 

そしてはじめはヘタクソだと思います。
しかしそれは誰でもそうです。

下手くそでも下手くそなりに思考錯誤し
繰り返すことで
だんだんポイントがわかって
じわじわできるようになります。

なので
上手に要約できたか
下手くそな要約になったか。

これは気にしなくていいので
とりあえずやってみましょう。

 

正誤判定の仕方

Twitter上に書いてみた要約文をちゃんと評価したい
という人もいると思います。

その場合、
問題集を使った際には、その解答解説に
「要約文みたいなもの」が必ずあると思います。

それを参考にして、
自分が作ったもの比べるようにしましょう。

この時、当たり前ですが

完全な一致

は必要ありません。

概ね、
筆者の主張が同じならば問題ないです。

また教科書の文の要約文を作った場合には
学校の先生に見せて添削をしてもらう
といいでしょう。

 

小説も要約しよう

要約文は現代文の中でも
「評論」で特に重要だと考えられています。

しかし、この要約は評論のみならず
小説でも役に立ちます。

小説の場合は「筆者の主張」はないので

物語のあらすじ

140字以内に納めて書いてみるといいです。

 

そして、その中にはちゃんとその物語の

起承転結

の展開を意識的に含めて書きましょう。

これをすることで
物語内の場面転換や心情変化
を捉える力をつける事ができます。

これらの方法は
改めてテキストを買ったりする必要なく
Twitterを有効活用するだけなので
ぜひやってみてください!

 

な、なるほど。。

ツイッター上で
要約文を作り投稿する
ようにして
ツイッターを勉強に利用するんですね!

試してみようと思います!

普段
なんとなーく使ってしまうSNS
だからこそ勉強する時のような
心理的障壁は少ないと思うから
ぜひ有効活用してみてな!

今回はこれで以上だ!

 

↓↓塾にも勝った独学勉強法↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です