知らなきゃ損!競争することで勉強を頑張る上で注意すべき効果とは?

どうも!KAZUTOです!

勉強を頑張るにあたって友達とかと成績を競争するのってどうなんですか?

なんとなく良さそうな気はするんですが、、。

僕も高校生の時は競争感覚で勉強を頑張ろうと思った時期もあったけど
競争の扱いには注意が必要だ!

競争の効果は必ずしも良いことばかりじゃないから気をつけてくれ。

ということで今回は
勉強における「競争の効果」について解説してきます!

 

競争の使い分け

競争には主に2種類があり
賢く「競争」を利用するには
この2種類の使い分けが重要です。

その2種類とは

他人との競争

自分との競争

この2つのことです。

 

長期的なら「自分と競争

「自分自身との競争」

つまり、
「前回の自分からどれぐらい進歩できたか」

というのを意識することは
「長期的な意欲」
が要される場合には非常に有効です。 

自分との競争によって
自分の努力と成長を結びつけて考えるようになります。

これによって意欲がより生まれやすくなるのです。

 

そして受験というのは長期戦です。

なので基本的には
「自分との競争」を意識して勉強に励むと良いです。

模試の成績は「周りよりどうだったか」よりも

「前回の自分と比べてどうだったか」

という視点を持って受け止めましょう。

周りと比べるとまだまだレベルが低い、という状態でも
前回の自分と比べて成長できているならガッツポーズをしてあげましょう。

逆に友達と成績を競ったりして
「他人との競争」をしてしまうと

「過信」を生むことにつながり
その結果努力することへのモチベーションを少なくすることにつながるので注意が必要です。

 

短期的なら「他人と競争」

「他人との競争」は上記の通り
「長期的なやる気」を要する場合にはやめた方が良いです。

しかし「短期的なやる気」の場合は話は別です。

例えば定期テスト2週間前ぐらい
友達と「成績で競争しないか」
という話を持ちかけるのはプラスの効果をもたらします。

それぐらい「短期的」であれば良いです。

ただ、繰り返しになりますが
「長期的な他人との競争」はやめるようにしましょう。

 

個人の能力があまり関係ない競争

「他人との競争」を使う際さらにおすすめなのが

個人の能力に依らない競争

です。

例えば、どちらがより多く勉強したか、という
「勉強時間の競争」など。

 

この競走は個人の能力は別に関係なく
さらに、この競争に

「報酬」と「罰」

を作っておけばさらにプラスの効果を発揮できます。

なので

勉強習慣を作りたい

という場合はこのような方法をとると良いです。

「勉強時間」以外にも

「個人の能力に依らない競争」

であれば「他人との競争」を利用すると良いです。

 

エイムズの実験

ここからは

「自分との競争」

「他人との競争」

についてエイムズの実験を紹介します。

 

この実験では被験者である男の子に2人1組になってもらい課題を解いてもらいました。

課題が終わるたびに2人の成績が読み上げられます。

そしてこの実験では次のようなグループ分けを行いました。

  • Aグループ
    →「成績が良かった方が勝ち。
    勝った方はご褒美をもらえる。」

と伝える。

 

  • Bグループ
    →「勝ち負けはなし。
    2人には研究に協力してくれたご褒美をあげる。」

と伝える。

このようにグループを分けを行い、課題をこなしてもらい

「自分の成績はどうだった?」

と振り返ってもらったところ

Aチーム:
自分の能力や運と結びつけた子が多かった。

Bチーム:
自分の努力と結びつけた子が多かった。

このような結果が得られました。

この実験からはつまり

他者との競走は過信を生み、
自分との競争は意欲を生む。

という事が言えます。

他人との競走は一見効果的に見えるかもしれませんが
その競争が終わった後に問題が起こります。

もし他人との競争で成績を見ていると
その結果の分析する際に、この実験のように

自分はできる人間だ

というような「過信」を生んでしまいます。

逆に競争に負けた場合だと

自分は頑張っても仕方ない人なんだ

というような考えに陥るでしょう。

 

そしてそのような「才能のようなもの」
「努力」ではどうにもなら物なので
「努力する事」に対する意欲も減ります。

このような理由で「他人との競争」には注意が必要です。

受験という長期戦
「自分との競争」

 

短期的なもの、または
個人の能力の依らない事には
「他人との競争」

これらをうまく使って活用するようにしましょう!

 

自分との競争「意欲」を生み

他人との競走「過信」を生むんですね。。

2つの競争上手に使い分けて有効活用して行こうと思います!

僕も受験期に経験したことあるけど
成績で他人との競争してると
急にモチベが出なくなる時があるから気をつけるようにな!

本日はこれで以上だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です