急に勉強のやる気がなくなった高校生必見‼︎『セロトニン不足』の可能性⁉︎

どうも!KAZUTOです!

なんか、、少し前まで「勉強頑張ってやる!」

って燃えてたのに最近急にやる気が喪失しました。。

そうか。。

それはもしかすると「セロトニン」という脳内物質が不足しているのが原因かもしれないな。

そのままだと「うつ病」にどんどん近づいていくから気をつけて!

ということで今回は
急にやる気がなくなる原因「セロトニン不足」について解説していきます。

↓↓塾にも勝った独学勉強法↓↓

 

セロトニンを分泌させる方法3選

ここではまず、日常的なやる気を高めるための

セロトニンを活性化させる方法

3つ紹介していきます!

 

方法①太陽の日を浴びる

まず一つ目が

太陽の日を浴びる

です。

これを行うことでセロトニンを活性化できます。

というのも「セロトニン」というのは

睡眠と覚醒をコントロールする脳内物質であり

日が昇り太陽からの光刺激網膜に入ると、
その刺激が脳に伝わりセロトニンの合成がスタートするからです。

 

特に「朝日を浴びる」と1番よく、それができれば

「今日も1日頑張って行こう!」

というように非常に爽やかな気持ちで1日を始める事ができます。

個人差はありますが、大体5分ほど太陽の日を浴びればセロトニンの合成が始まるので、
勉強休憩なんかに日を浴びに外をちょっと散歩してみるといいです。

 

逆にセロトニンが下がると、朝起きても

何もしたくない
布団から出たくない

というような「憂鬱な気分」で1日が始まってしまうので気をつけましょう。

そのためにも「光で起きる」という方法を使うといいです。

 

以下に光で起きるための「光目覚まし」のリンクを載せておくので
朝スッキリ起きたい!という人は試してみるといいです。

YABAE 目覚まし時計 光 大音量 目覚ましライト デジタル スヌーズ&ラジオ機能付き クロックラジオ アラーム ホワイト MY-09

 

方法②リズム運動を行う

セロトニンを活性化するための方法2つ目は

リズム運動を行う

です。

これは読んで字の如く「リズミカルな運動」のことです。

例を挙げると
ウォーキングジョギングランニングラジオ体操階段の上り下り音読などなど

これら全てがセロトニンを活性化するのに役立ちます。

さらにこの中には「よく咀嚼すること」も含まれるので、ご飯を食べる時なんかはゼリーなどの歯応えのないものではなく
「歯応えのあるもの」よく噛んで食べるようにしましょう。

 

方法③「トリプトファン」を摂る

このセロトニンというのはトリプトファンという栄養素を材料として脳内で作られます。

それ故に「トリプトファン」を摂取するというのはやる気を保って頑張るためには非常に重要です。

しかし「トリプトファン」は、家庭科の授業で聞いた事があるかもしれませんが

必須アミノ酸

といって人間が体内で自分で合成する事ができないアミノ酸のうちの一つに当たります。

それ故に、自分で意識的にこれを体内に取り込む事が重要です。

 

このトリプトファンを多く含む食材は以下の通りになります。

トリプトファンを多く含む食材

レバー

・パイナップル

・牛乳

・緑黄色野菜

・チーズ

・大豆

・バナナ

・高野豆腐

・きな粉

などです。

「最近急にやる気がなくなった」という人で
これらを最近食べていない、という人は意識的に食べていきましょう。

 

セロトニンとは

簡単に「セロトニンとはなんぞや」ということを説明しておきます。

セロトニンとは先にも述べたように脳内物質の1つであり
これは我々の精神面に大きな影響を与え、心身の安定や心の安らぎなどにも関与する脳内物質です。

幸福物質とも言われたりします。

これが不足してしまうと精神が不安定になり、イライラしがちになります。

そして不安が強まり「意欲の低下」を引き起こします。

それ故にこの「セロトニン不足」には必要です。

 

「うつ病」は実際に頭を悪くする

もし

「セロトニンが不足した状態」

が続くと
ただ「やる気が出ない」というだけではなく「うつ病」にまで発展する可能性もあります。

 

「うつ病」と聞くと

気持ちの問題だろ

と思うかもしれませんが、これはれっきとした「重い病」です。

 

これはうつ病になる前の「ただセロトニンが不足した状態」でも同様ですが、

うつ病というのはちゃんと「脳力の低下」を引き起こします。

集中力注意力低下に加えワーキングメモリ機能低下記憶力低下などなどを引き起こします。

この状態だとどれだけ勉強しようが、その努力は報われないでしょう。

なのでこの状態にはならないようにしっかりと

最近やる気急に下がったな

と感じたら、危機感を持って「うつ病」の段階まで行かないように
上記で紹介したような努力を行うようにしましょう。

高校生はうつ病にはかからない、と思っている人もいるかもしれませんが、
高校生でも受験等のストレスでうつ病になる人はしっかりいます。

なのでそれにはならないように気をつけてください!

 

急なやる気の低下は「セロトニン不足」が関係しているかもしれないんですね。。

これからは

太陽光を浴びる

リズム運動

トリプトファンを摂る

これらに気をつけて行こうと思います!

勉強を頑張るあまり、それ以外の事が疎かになってセロトニン不足になる人は結構いるから気をつけてな!

絶対に「受験鬱」にはならないように!

今回はこれで以上だ!

 

↓↓塾にも勝った独学勉強法↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です