知っている人だけ得をする!勉強効率を改善できる『最適な仮眠時間』とは?

どうも!KAZUTOです!

勉強中の睡魔を何とかしようと仮眠をとってるんですけど
全然眠気取れなくて、、、何でですか?

仮眠って一体何分ぐらいやるのが最適な時間なんですか?

仮眠は最適な時間だけやれば良い効果を発揮できるけど
1時間以上とってしまうと逆効果だから気をつけてくれ。

という事で今回は
「仮眠の最適な時間」について解説していきます!

 

最適な仮眠の時間

結論から言って最適な時間の仮眠というのは

20分~30分程度の仮眠

のことです。

そして逆に仮眠時間が30分を超えると徐々に効果が低くなっていき
1時間を超えると脳のパフォーマンスに悪影響を及ぼします。

実際NASAの研究では
26分の仮眠によって

  • 仕事効率が34%アップ
  • 注意力が54%アップ

という結果が得られているほどです。

補足
これらの「仮眠」による効率アップは
「仮眠室」「ナップポッド」と呼ばれるものを導入して
ナイキ・Googleなども大手企業でも取り入れられています。

そしてさらに日本の厚生労働省が作成する
健康づくりのための睡眠指針というものには

午後の眠気による仕事の問題を改善するのに
昼寝が役に立ちます。

午後の早い時刻に
30分以内の短い昼寝をする事が、眠気による作業効率改善に効果的です。

のようなことが書いてあります。

つまり大企業のみならず「国も」
30分以内の仮眠を推奨しているわけです。

なので仮眠をとる際は20分~30分の仮眠をとるようにしましょう。

 

仮眠の注意点

ここからは
「仮眠をとる際の注意点」を紹介していきます。

 

1時間以上はとらない!

仮眠をしてもいまいち効果を発揮できない、、

と言う人は1時間程度仮眠をとっている人が大半なので注意が必要です。

 

1時間以上の仮眠をしてしまうと
「深い眠り」に入ってしまいます。

そのためその後すぐには脳は正常なパフォーマンスを発揮できません。

これが原因となって先に出てきたような
仮眠の効果を感じられない人が出てくるわけです。

さらに1時間を超えるとその日の「夜の睡眠」にも
悪影響を及ぼすので注意が必要です。

また1時間以上の仮眠は「健康被害」も及ぼします。

30分以内の仮眠であれば
アルツハイマー病の発症リスクが5分の1になる
という研究もありますが、

しかしそれが1時間以上になると、逆に
アルツハイマー病の発症リスクが2倍になってしまうのです。

このような観点でも
「1時間以上の仮眠」はしないように気をつけましょう。

 

午後3時までにとる

日本の厚生労働省が作っている
「健康づくりのための睡眠指針」にも

午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝をする事が、眠気に夜作業効率改善に効果的です。

とあるように

「午後の遅い時刻の仮眠」はやめるようにしましょう。

仮眠をするにあたって「好ましい時間」
というのは午後3時までです。

この時間以降に仮眠をしてしまうと
逆にその日の夜の睡眠に悪影響を及ぼし
「不眠」をもたらすことになってしまいます。

なので仮眠をとるなら

午後3時までにとる

ようにするように気をつけましょう。

 

仮眠の方法

それではここからはさらに
仮眠の方法について説明します。

1番良いのは横になって
寝そべった状態で仮眠をとることです。

しかしこれでは気持ちよさのあまり1時間以上の仮眠になり兼ねません。

 

なのでお勧めなのは、皆さん馴染み深いであろう

椅子に座ったまま
机に顔を伏せて寝る

という方法です。

この方法でも十分に効果が認められています。

 

自分の意思力に自信があり
ベッドでも30分以内の仮眠で済ませられるという人はそれでも良いでしょう。

しかしそうじゃないなら
机に伏せる仮眠で我慢しましょう。

この時腕が枕になると思いますが
これでは腕が痺れるかと思います。

なのでタオルを折りたたむなどした
簡易枕を作るのもお勧めです。

 

仮眠前にはカフェインを摂ると良い

カフェインは摂取して約30分後にその効果が現れます。

なので、仮眠をとる前にコーヒーなどを飲むと
カフェインにより目覚めやすくなります

またその直後からスッキリした状態で
勉強に取り組みやすくになれるのでお勧めです。

よかったらこれもやってみてください。

 

仮眠は20分~30分が最も効果的
それ以降は効果が下がっていき
1時間以上は悪影響なんですね。。

これからは最適な時間だけ仮眠をとって
勉強効率を改善できるように頑張ります!

仮眠は場合によってはその日の夜の睡眠に悪影響を及ぼすから気をつけてな!

適切な時間だけ仮眠をとって勉強効率を改善できるように頑張ってくれ!

今回はこれで以上だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です