英語の勉強における例文暗記の効果とは?例文を使うとはるかに記憶ができる!

どうも!KAZUTOです!

 

英語の勉強において例文を暗記するのって効果あるんですか???

例文なんて無意味だ!

なんて意見もあるけど
実は例文は英語の暗記には
絶大な効果をもたらしてくれるぞ!

ということで今回は英語における

例文暗記がもたらす効果

について解説していきます。

↓↓さらに飛躍したい君に↓↓

 

どうしたら記憶に残りやすくなるか

受験生にとって特に関心ごとだと思いますが
我々人間における

より記憶に残りやすくなる条件

をまず紹介します。

我々人間は何か情報が与えられると
以下の3つのいずれかの処理をします。

  • 形態的処理
  • 音韻的処理
  • 意味的処理

 

そしてこれらは下の処理ほど

より深い処理
であり、また
深い処理ほど
記憶に残りやすい

という特性があります。

 

具体的にどういうものかというと
例えば時計という単語を与えられたとします。

この時

これは漢字ですか?
ひらがなですか?

というのが
形態的処理に関する質問です。

 

また

これは「とけい」と読みますか?
じけい」と読みますか?

というのが
音韻的処理に関する質問です。

 

最後1番深い処理である
意味的処理に関する質問は

〇〇で時刻を確認する」
or
「〇〇は時間を忘れさせる」


このうちどちらに当てはまりますか?

というようなものです。

実際の実験では上記のような
質問をいくらかの単語について行った後で
被験者に突然

では、どんな単語がでできたか
思い出してください

という風に聞かれます。

 

その結果最もよく思い出されたのは

意味的処理を行った単語

でした。
(2番目は音韻的処理、最後は形態的処理でした)

つまりこれらをまとめると

意味的処理を行うと
より記憶できる

ということが言えます。

 

例文は『意味的処理』を促す=記憶に残りやすくなる

では実際に英単語を勉強する場面
思い浮かべてください。

この時多くの単語帳では英単語に加え
それを使った例文も付随されているはずです。

そしてその例文はその単語を
文脈の中で理解できるので先ほど紹介した

意味的処理

を促してくれまます。

 

ただ「dog」という単語を
単体で覚えるよりも
I have a dog.
のように簡単でいいので文章にした方がはるかに

それがなんであるか

は覚えやすくはないでしょうか?

 

例文を普段から読むように
してるけど、
いまいち覚えられない!

という人もいるかもしれません。

 

しかしそのような人は散漫で

なんとなく例文を読んでいる

というのが原因です。

例文を読む過程では

文脈中における
単語の意味・役割

に意識を向けなければいけません。

それ故に英語で何かを暗記したい時には
その例文を覚える、というのは
非常に効果的な訳です。

 

一言一句正確に暗記しなくてもいい

例文を覚えるのは悪いことではないですが
一言一句正確に覚える必要は別にないです。

先ほどの
「I have a dog.」
という例文の場合、思い出す際
You have a dog.
という文に変わっても構いません。

大事なのは例文中で対象となる
単語の意味・役割が失われないことです。

なので

単語の使い方・使われ方

を覚えておく程度のつもりで
取り組むのもいいでしょう。

 

例文暗記の利点

では例文暗記には
どんな利点があるのかを解説します。

 

何か暗記をする時多くの人は

脳への入力

という観点ばかりに重きをおいています。

しかし

のどまで
出かかってるんだけど、、

という経験はしたことがないでしょうか?
おそらくあると思います。

 

そしてこれは入力ではなく
頭に入れたものを取り出せないという

脳からの出力に問題ある

ことを意味します。

そして多くの人がやっているように
ただ1つの単語をそれだけで
覚えようとするのは
記憶しづらく思い出しにくい方法です。

 

以外に思うかもしれませんが
例文のように情報として
すこし長いものの方が

記憶しやすく思い出しやすい

という特性があります。

というのも先ほど紹介したように
例文を通して意味的処理ができることに加え
出力に関してはその例文の一部でも
思い出すことができれば後は

芋づる式に

他の部分も思い出すことができます。

それ故単語だけの場合より
優れている訳です。

これは以下のように

点で覚えるか線で覚えるか

とも言い換えることができます。

このように極力線で覚えた方が
圧倒的に優れているので
試してみてください。

 

英語以外でも同じことが言える

ここまで英語に関してのみ例文学習の
利点を解説しましたが、これは
他のどんな科目であっても
暗記が必要とされる場合は同じことが言えます。

古文や漢文では同じように
例文が用意されていると思うので
それを利用するといいでしょう。

また地歴公民に関しても
例えば歴史に関して言えば
特定の人物の名前だけを覚えるより

××年に生まれ△△で育ち
〇〇を行った点で
歴史上重要な□□(名前)

というような説明文自体を覚えた方が
圧倒的に効果的です。

なので英語以外の科目でも
線で覚えることを意識して
勉強に励むようにしてみてください。

 

なるほど。
意味的処理を行うことで
より記憶しやすい訳ですね!

これからは点ではなく

線として暗記する勉強

を心がけたいと思います!

例文は意味がない訳じゃないから
しっかり活用して周りの人たちと
差をつけることができるように頑張ってくれ!

今回はこれで以上だ!

↓↓さらに飛躍したい君に↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です