どうも!KAZUTOです!

空調が集中力に関わるってご存知ですか?

これについて温度は22度~25度の状態で適度な風を感じることができると集中しやすく、勉強効率を高くできます。

今回はそんな「勉強時に最適な空調」について紹介します。

温度と集中力の関係

目指すべき勉強に最適な室温

まずは、温度についてです。

気温の設定はあなたが普段家で勉強するという人ならいいのですが、そうでなく、公共施設を利用して勉強するという人は気温の設定が難しいでしょう。

なので、参考程度に読んでください。

 

ズバリ、集中力を発揮できる勉強しやすい温度は22度~25度の状態です。この温度のもとでは集中しやすいです。

さらに、この温度では「ミス」をすることも少なくできます

室温がこの温度以上になると、だいたい1度温度が上がるごとに数パーセント効率がダウンしてしまい、ミスをしてしまう確率も高くなります。

22~25度という幅は人によって寒く感じたり、暑く感じたりすることがあるために存在する幅です。

なので自分で温度を設定する際は自分が適温だと思う温度をその幅のうちから探るようにするといいでしょう。

勉強する際に、気温の設定ができる場合はこのあたりの温度で勉強するようにしてください。

 

基本的には頭は冷やしていた方がいい

パソコンやスマホを使い続けていると、いつの間にか本体が熱くなっているということがあると思います。

そしてこれらの電子機器を使い続けると熱くなってしまうように、脳もまた同じように勉強で使っていると熱くなってしまいます。

電子機器の場合、この状態のまま使い続けると故障するのに対し、脳の場合は集中力の低下、勉強効率の低下をもたらすのです。

なので、頭(脳)は寒すぎない程度に冷やした方が勉強効率を高めることができます。

特に夏の季節は「冷えピタシート」や「水に濡れたタオル」等を利用して寒すぎない程度頭をに冷やすといいでしょう。

また冬の時期にも暖房をかけると思いますが、暖房が強すぎると上記のように集中力の低下につながるので、暖房の効きすぎには気をつけるようにしましょう。

 

風による集中力の変化

次に、風についてです。

立教大学で行われた実験を紹介します。

この実験では、学生に90分の授業を条件に違いのある教室で受講させました。

その条件とは教室の口部が「全て閉鎖」と「全て解放」というもので、この両者をを比較し学生の集中力にどのような違いが現れるのかを調べたのです。

空気が悪くなったために起こる違いはなくすために換気扇は全て動いていました。

しかし「全て閉鎖」の場合だと開始15分程度で集中力の低下が始まったのです。

これに対して「全て解放」の場合だと開始30分程度までは集中力は上がっていることが確認できました。

さらに、その後の集中力の低下は全て閉鎖の場合と比べ、とても緩やかという結果が得られたのです。

この実験では加えて「全て解放」の場合の方が「全て閉鎖」の場合よりも「疲労感」を感じにくいという結果も得られました。

これらのことには「学生がいかに風を感じられたか」がとても関係していました。(この実験が行われた際の外気温度は両者の場合でほぼ同じ)

つまり、勉強をする際、集中力をよりよく引き出し、より長く持続させるにはなるべく「風」を感じるといいということになります。

風に関しては勉強机におけるサイズで、机の上の紙などが飛ばない程度のちょうどいい風を提供できる扇風機は売ってあります。

なのでそのようなものを購入し、勉強時にはそれを利用するといいでしょう。

風に関しては、上記のようなものを買えば公共施設で勉強するような人も利用できるのでぜひ実践してみてください。

以下ににオススメの卓上扇風機を紹介します。

携帯扇風機 2019年最新型 5200mAhモバイルバッテリー内蔵 手持ち扇風機 充電式 「4in1機能搭載」Jacess USB扇風機 折り畳みスタンド機能 最大20時間動作 卓上扇風機 ハンディファン グリップ扇風機 6枚羽根 超静音 USBファン ミニ 小型 熱中症 暑さ対策 オフィス アウトドア用 【PSE認証済】

【 2019年最新型 モデルタービンエンジン採用、強力な風量&超サイレント】Jacess LG2600mAh 4段階調節 静音 大容量バッテリー採用 手持ち 扇風機 usb 扇風機 卓上 扇風機 卓上 ファン 超静音 小型 充電式 熱中症対策 ミニ扇風機 タンド機能付き 携帯扇風機 手持ち/卓上両対応 充電スタンド付き

 

 

いかかでしたか?

今回は集中力を高い効率的な勉強をするのに最適な空調環境について紹介しました。

今回紹介したことを利用すれば、あなたの勉強の効率を上げることができるでしょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

今回は以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です